Performer


SOUND JUNKEES

 

今年もGENTENを盛り上げてくれるDJ!!

「SOUND JUNKEES」

 

ska.rocksteady.Regaee.soul.funk.R&B. Latin他、ジャンルにとらわれず、
いい音をだけを求めて活動する,
地元岸和田の音中毒グループ!!!!!

 

 



dracaena

 

誰かに会いたくなる。そんな音楽。

ポップ、ロック、エレクトロニカ、ダブ等、様々なジャンルを吸収し、 ガットギター、オルガン、ピアニカ、グロッケン、生打楽器といった 様々な楽器を用いて、独自の音を奏でるバンド『dracaena(ドラセナと読む)』

溢れ出す感情を、まるでドリップでコーヒーを落とすように、 一滴一滴、音に変えていく。
そのシンプルで優しい音の中、ただ澄んでいるだけではない、 どこか混沌とした歌声が不器用な言葉を紡ぎ、聴く人の琴線に触れる。

バンドスタイル、アコースティックスタイル等、 流動的な編成で関西を中心に活動中。



巴~tomoe+

 

☆髙橋 建一郎 from 篠山: vo/gt/djembe/u
☆佐藤健志 from 京北: African passion
☆キース from 京都: Canadian spice
☆アンファンfrom 加古川:African tamtam

 


~ 必然に出会った3人がそれぞれの色を渦を巻いて重ね、何処かの国に有るような、無いような音楽を奏でる。そしてアフリカのリズムは引き寄せる。+アフリカンな巴は2018年より活動開始。

 

 

佐藤健志

アフリカン仕込みのパーッカッショニストとして様々なアーティストと演奏。

バンド活動や即興演奏など活動は多岐にわたる。

西アフリカ太鼓の販売、修理、メンテナンス「ジャンベ工房エベン」工房主。

京都・京北在住

 

☆ワークショップ

毎週火曜日 20時~22時

場所:EAST MOUNTAIN STUDIO

料金 ¥2000
 ☆京都・紫野

 



* 鴨印振族

(KAMO ZIRUSHI - SHINZOKU)
カモジルシシンゾク/関西を拠点に活動するアサラト狂振者集団。

 

メンバー

HIBIKI / JUN / GORI/ NOBUMASA / SHINGO

今回は HIBIKI/JUN がGENTENを盛り上げてくれる
 
2010年、京都、鴨川において結成。
アサラトの魅力を広めるべく、国内外問わずライブ、ワークショップを中心に活動中。
常に何かを企むスタイル。

 

「アサラト」
アサラトは、ガーナ、セネガル、マリなどのアフリカ発祥の民族楽器。
別名、パチカ、テレヴィとも呼ばれる。

木の実を紐でつなぎ合わせたシンプルな打楽器で、現地では子ども達の玩具としても使用されている。
人差し指と中指の間に紐を通すように持ち、二つの玉をぶつけて音を出すことで、マラカスとカスタネットを
同時に演奏しているような感覚で楽しめる。